薄毛 病院

女性も他人事ではない悩みだと聞きますが、高校生なのに薄毛になるのはおかしいのでしょうか?

    

思春期真っ只中で薄毛に悩まされるのは辛いことですよね。しかし若い女性で髪の毛の状態に問題を抱えているかたは決して珍しくありません。実際女性用育毛剤の需要はどんどん増えていっていますし、使っているのは高齢者だけではないんです。
若い女性の薄毛の原因は普段の生活態度や習慣の影響によるものが大きくなります。

高校生で薄毛になってしまうのは恥ずかしいことではありませんし、原因を取り除ききちんと対処すれば治りますから安心してください。

■生活習慣を見直そう
高校生の薄毛の原因で多いのが、生活習慣の乱れです。そんなことが関係あるの?と思うでしょうが、たとえば過激なダイエットをすれば髪の毛に回る栄養が足りなくなって育たなくなりますし、夜更かしばかりしていると寝ている間に分泌される成長ホルモンが不足してしまいます。

栄養バランスよく食事を取らずにファストフードやお菓子ばかりを食べていると皮脂過多になって頭皮が脂ぎり、毛穴詰まりを起こして髪が正常に成長できなくなってしまうでしょう。運動不足も新陳代謝が悪くなります。健康な髪の毛を生やすためには、健康的な生活が送ることが大切なんです。

■ストレスを解消して悩みを抱えすぎないこと
成長段階にある高校生の身体は、非常に不安定です。心もまだまだ未熟ですので、ストレスの影響も身体に出やすくなります。よく「ストレスで抜け毛が増えた」なんて聞きますよね。心が疲れてくるとホルモンバランスを崩しやすく、身体だけではなく髪の毛に元気がなくなってくるんです。

学校の友達との関係、勉強のこと、いろいろと抱えているものが多くて大変でしょうが、ストレス解消できる手段を確保しましょう。趣味に没頭したり、一人カラオケで発散したり、悩みを抱えこまないことが薄毛対策になります。

■洗いかたやヘア剤の使いすぎに要注意
オシャレをするためにヘア剤を使うことも多いでしょうが、きちんと洗い流していますか?毛穴が汚れやすくなりますので、そのままにしておくと育毛や発毛を妨げてしまうことになります。ちゃんと洗えずに香料のいいニオイをさせるだけで頭皮を洗浄しきれていないということがよくあるんです。

頭皮を揉むように洗うこと、毛穴汚れを落とすこと、トリートメントは頭皮につけないこと、洗いっぱなしにしないですぐに乾かすことなど、頭全体を清潔にすることを意識した洗いかたをマスターしてください。これらの習慣に気をつけつつ、栄養補給や頭皮環境を整えるために未成年でも使える無添加女性用育毛剤を使用していくことをおすすめします。

若いですから新陳代謝も活発ですし、ケアを早く始めれば薄毛も早く改善させられますよ。